読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MKS単位系とSI単位系の関係

ふと、MKSとSIってどんな関係なんだろうと思って、ウィキペディアで調べてみたら、MKS単位系は力学の単位のみを含むもので、電磁気学を扱うために電流の単位にアンペアAを加えたMKSA単位系というのがあって、そこからさらに3つの単位系を加えて、SI単位系になっているということだった。

ちなみに追加されたのは、熱力学温度でケルビン(K)、物質量でモル(mol)、光度でカンデラ(cd)。

なので、MKSはSIの部分集合に過ぎない。しかし、なんでなんとなくCGS単位系の代替がMKSであるというふうに覚えていたんだろう。